新型 BMW R1250R

2018-11-06 - 魅惑的なロードスターと新しいボクサーエンジン

新型BMW R1250Rは、BMW モトラッドが「ダイナミックな路上の喜び (dynamic road pleasure)」と呼んでいるものを具現化したものです。水冷ボクサーエンジンは、将来的な排出ガス試験に合格するために、さらに開発されました。電子燃料噴射と制御された触媒コンバータとの組み合わせによる4バルブ技術は、必要なときに常に十分な出力を確保し、かつ、効率的で環境に優しいものです。
新しいBMWのシフトカム・テクノロジーは、すべての回転域で、より多くのパワーを保証します。排出量だけでなく、燃料消費量も低くなります。
R1250Rには、2つのライディングモードと、ACS、ヒル・スタート・コントロールが標準装備されています。ライディングモード「プロ」や他のモード、ダイナミック・トラクション・コントロール (DTC) 、ABS「プロ」、ヒル・スタート・コントロール「プロ」、ダイナミック・ブレーキ・コントロール (DBC) が追加オプションで用意されています。
更にオプションには、「次世代」電子サスペンション(自動調整)Dynamic ESAと、昼間用のLEDランニングライトが用意されています。
新型 R1250Rには、大きな6,5インチTFTディスプレイが標準装備されています。
新型の水冷ボクサーエンジンは、7,750rpmで100kW(136PS)、6,250rpmで143Nmを発揮し、容積は1,254ccです。



BMW R1250R画像を拡大して表示BMW R1250R画像を拡大して表示
BMW R1250Re画像を拡大して表示BMW R1250R画像を拡大して表示
BMW R1250R画像を拡大して表示BMW R1250R画像を拡大して表示






ニュースに戻る