新型 BMW R1250RS

2018-11-06 - 新しいボクサーエンジンを搭載したスポーツ・ツーリング

新型 BMW R1250RSは、BMW モトラッドが「スポーツ・ツーリング」と呼ぶすべてのものを備えています。新型の水冷ボクサーエンジンは、1,254ccの容積で、将来の排出ガス規制を満たすために開発されました。電子燃料噴射と制御された触媒コンバータとの組み合わせによる4バルブ技術は、最高のパワーとトルク、そして効率と低エミッションを得ることを確実にします。
新しいBMWのシフトカム・テクノロジーは、すべての回転域で、より多くのパワーを保証します。排出量だけでなく、燃料消費量も低くなります。
新型 BMW R1250RS は、2つのライディングモード、ASC、ヒル・スタート・コントロール、LEDヘッドライトが標準装備されています。ダイナミック・ブレーキ・コントロール (DBC) 、ライディングモード「プロ」や他のモード、ABS「プロ」、ダイナミック・トラクション・コントロール (DTC) 、ヒル・スタート・コントロール「プロ」が追加オプションで用意されています。
新型 R1250RSには、大きな6,5インチTFTディスプレイが標準装備されています。
リアルアクティブ・サスペンションである「次世代」電子サスペンションDynamic ESAが、オプションで用意されています。
新型の水冷ボクサーエンジンは、7,750rpmで100kW(136PS)、6,250rpmで143Nmを発揮し、容積は1,254ccです。



BMW R1250RS画像を拡大して表示BMW R1250RS画像を拡大して表示
BMW R1250RS画像を拡大して表示BMW R1250RS画像を拡大して表示
BMW R1250RS画像を拡大して表示BMW R1250RS画像を拡大して表示






ニュースに戻る